徐 其成 中国武術研究会は、中国在住の武術家・徐其成(ジョ,キセイ)から中国武術の伝統を引き継ぎ、
息子である徐言偉(ジョ,ゲンイ)が代表として、京都を中心に教室を開いております。
ここでは代表講師である徐言偉と、徐其成老師のプロフィールを紹介しています。

徐 言偉(ジョ,ゲンイ)

 

1968年生まれ、中国遼寧省瀋陽市出身。

1998年北京体育大学入学、

1990年来日、大阪体育大学に編入学・卒業する。

中国武術1級武士(中国国家資格)、京都府武術太極拳連盟理事、国体ジュニアコーチ、国体長拳コーチ

一般健康指導士、日本語1級資格取得

父・徐其成の技〝少林追風刀(無形文化財)〟を正式に継承。

 

◆8歳の頃から父である徐其成のもと中国武術を学び、後、遼寧省武術チームに入る。10代の頃からプロ選手として約5年間、長拳・刀術・棍術・蟷螂拳・蟷螂剣・三節棍・対練などで中国各地の試合に出場し、13歳の時に中国全土のプロフェッショナルの大会にて蟷螂拳優勝を果たすなど、優秀な成績を収める。

1988年、中国北京体育大学・武術学部に入学。

査拳・査剣・査槍術・太極拳・南拳など、多数の実技を修得。

運動生理学・中医学・中国武術史などを学ぶ。

1992年、大阪体育大学・体育科学コースに編入学。

金子公宥先生のもと、スポーツ医学・スポーツバイオメカニクスなどを学ぶ。他に実技として、海洋スポーツやバレーボール・剣道・柔道などを学び、優秀な成績を残す。

94年卒業後、京都を中心に中国武術・太極拳教室を多数開催。

各スポーツクラブでは5年以上に渡り、常に100%以上の集客率を維持している。

分かり易く楽しい武術プログラムには定評があり、

5歳の幼児から80歳代の方まで、運動生理学に基づいて、個々の体力・能力に合わせた指導を行っている。

◆又、こだわりとして、中国武術の演武でよく見かけるシルクの表演服ではなく、日本でいうところの空手着のような綿製の道着を愛用している。これは、漢服(カンフク)といい、中国漢民族の伝統的な服装であり、古来の武術家もよく身に着けていた。動き易さなどの実用面と、武術本来の飾り気のない素朴さを大切に考え、着用している。

1981年 遼寧省武術大会(プロの試合)にて、総合優勝(長拳・刀術・蟷螂拳(トウロウケン)・組み手型で各1位)

 中国全土武術交流大会(プロの試合)にて、蟷螂拳優勝

 遼寧省瀋陽市第4回運動会にて、総合優勝(長拳・刀術・棍術(棒術)・蟷螂拳、各1位)

 

1982年 遼寧省瀋陽市武術試合において、総合優勝(長拳・棍術・蟷螂拳・組み手型で各1位)

 遼寧省第4回体育大会、武術試合にて蟷螂拳優勝

 中国武術代表団の一員として、初めて日本を訪問

 

1984年 全国武術試合にて、優秀スポーツマン賞を受賞

 その他、数年に渡り沢山の試合に出場、優秀な成績を収める

 

1985年~88年 瀋陽市武術代表団の一員として数回に渡り訪日、北海道・関東・関西・四国等、全国を訪問し表演を行う

 

1988年 北京体育大学・中国武術学部に入学

 

1989年~90年 北京体育大学・武術学部内の試合において、査拳(サケン)・蟷螂拳蟷螂剣(トウロウツルギ)優勝

 

1992年 日本大阪体育大学・体育科学コース編入学、1994年卒業

 

2000年 京都にて、中国武術・太極拳教室を始める

 

2004年 京都NHKテレビにて、中国武術を生放送にて披露

 

2010年 日本武術太極拳連盟、京都府武術太極拳連盟に加盟、理事となる

 

2014年 京都・西安友好都市提携40周年記念事業「西安の夕べ」にて、

 京都駅大階段で子供カンフーチームが表演、徐言偉は蟷螂拳を披露する

 

2015年~ 引き続き、多数のイベントにて本人・生徒が表演、公開レッスンや体験教室等を行う

▲13歳の時、蟷螂拳にて中国全土の大会で優勝を果たした。

▲父であり師である徐其成の指導のもと、多数の試合に臨んでいた。

◆ブログにて、選手時代のエピソード等を書いています>

▲北京にて、映画撮影に参加した徐言偉。19歳頃。

徐 其成 (ジョ,キセイ)

 

1939年生まれ、中国山東省昌邑県出身。

中国武術9段(最高段位)。

中国瀋陽体育学院卒業、国家高級監督。

自らが改変した〝少林追風刀:ショウリンツイフウトウ〟(1959年作)は、中国全土のプロフェッショナルの試合において、8度の優勝に輝き、2012年に中国無形文化財(人間国宝)に認定されている。

 

◆幼い頃から 、姚法玉老師などについて武術を学び頭角を現す。

1959年遼寧省のプロフェッショナルチームに入団、正式に練習を始める。

中国では刀王と呼ばれ、かつての中国総理大臣・周恩来の護衛を務め、共にミャンマーなどの国々を訪問。

武術代表団の一員として友好を深めるために、アメリカ合衆国、チェコスロバキア、朝鮮人民共和国、等々沢山の国を訪問した。     

その後、中国国家武術チームの隊長・監督などの重職を歴任し、ソ連、日本などに渡って中国武術を伝授し、国内外に李連傑(ジェット・リー/武術家・アクション俳優)、劉暁蕾(リュウ・ショウライ/刀術・世界チャンピオン)などの優秀な人材を多く育てる。

現在は中国瀋陽市在住で、徐家の武術チームを指導している。

1959年 中華人民共和国 第一回全国体育大会(国体)の武術試合にて三等賞

1690年 中国全土武術競技大会(プロフェッショナルの試合)にて長器械(長武器)、短器械(短武器)各優勝

 以降、刀術等での優勝が続き、10年間にわたり金メダルを獲得。それ以降も多くの試合に出場、優秀な成績を収める

1985年 中国政府により、〝新中国体育開拓者〟の称号を授与する

1995年 中国武術協会において、中国武術家百人の一人に選ばれる

 

その後、遼寧省公安司法管理幹部学院の警察体育学科・客員教授・武協技術顧問、遼寧省最高段位審査委員などの重職を歴任、現在も競技大会の審判長を務めている

▲向かって左が徐其成、右がジェット・リー若かりし頃の二人

▲現在の徐其成老師と中国の家族。

  妻、兄弟、息子たちも揃って、プロとして武芸の道を歩んできた

◆ ジェット・リーが映画「少林寺」の中で、徐其成から伝授した少林追風刀の演武を行っています。(2:30頃から)

◆ 徐家の武術の履歴・詳細はこちらから>

● 徐家・表演動画はこちらから>

◉徐其成・その他記事はこちらから

© 2000 by . Xu Qucheng Zhongguo Wushu Yanjiuhui